ED・早漏治療/薄毛・AGA治療の悩みなら大阪なんばギガクリニック

大阪なんばギガクリニック

TEL.06-4256-4522

(休診 15:00~15:30)

月〜土11:00~20:00

日・祝10:00~17:00

デュタステリドの効果と副作用 ギガクリニック大阪なんば院

AGA治療を専門とするギガクリニック大阪なんば院では、AGA治療薬であるプロペシア(フィナステリド)、プロペシアジェネリック、ザガーロ(デュタステリド)、ザガーロジェネリック、ミノキシジルなど多様な薬剤を処方しています。

デュタステリドとは

デュタステリドはAGA治療薬「ザガーロ」の有効成分で、AGA(男性型脱毛症)の原因となるDHT(脱毛男性ホルモン)の生成を抑制します。デュタステリドとフィナステリドの比較試験ではデュタステリドが、より発毛効果が高いことが明らかになっています。

デュタステリド誕生の経緯

デュタステリドはイギリスの製薬会社グラクソ・スミスクライン社によって研究・開発され、2001年にアメリカでFDA(アメリカ食品医薬品局 Food and Drug Administration)から前立腺肥大症治療薬として承認されました。これはAGA医療において、DHT(ジヒドロテストステロン)が前立腺肥大症の発症要因であるためです。そして、前立腺肥大症の臨床試験において非常に高い改善効果を示し、現在も前立腺肥大症改善薬として最前線を務める医薬品成分となっています。
しかし、前立腺肥大症治療にデュタステリド製剤を服用していた患者の多くから、「髪の毛が増えた」「抜け毛が減った」といった声が上がり、AGAに対する効果の研究が開始されました。研究の結果、進行形の薄毛であるAGAの抑制にも非常に高い効果が示されることが判明し、AGA治療薬「ザガーロ」として販売されました。
現在は国内でもザガーロは特許満了しており、ザガーロジェネリックも販売されています。

AGAにおけるデュタステリドの効果

AGAのメカニズムは、DHTによって毛周期(毛髪の成長周期)が乱され、成長期が極端に短くなってしまうことで毛髪が成長しきる前に抜けてしまい、薄毛になってしまうというものです。

デュタステリドはAGAの原因とされるDHTの生成を阻害する事でAGAを改善します。DHTはテストステロンという男性ホルモンが5αリダクターゼ(5α還元酵素)という酵素と結びつくことで生成されます。デュタステリドには5αリダクターゼⅠ型・Ⅱ型両方の働きを阻害する作用があります。そのため、テストステロンとの結合を抑えDHTを減少させることで毛周期を正常に戻しAGAを改善します。
フィナステリドは5αリダクターゼⅡ型しか抑制できないのに対し、デュタステリドはⅠ型・Ⅱ型両方を阻害します。これがデュタステリドの方がプロペシアよりも発毛効果が高い要因です。血中のDHT濃度は、フィナステリド投与群では60%減少しているのに対し、デュタステリド投与群では90%減少しており、デュタステリドがDHTを強く抑制していることが明らかになっています。

デュタステリドの服用

デュタステリドは1日、1回、1錠を服用してください。時間や食事による影響はないため、都合の良いタイミングで服用して問題ありません。
基本的な服用タイミングに指定はありませんが、毎日同じ時間に服用する事が推奨されます。これにはデュタステリドの血中濃度を一定に保ち、飲み忘れを防ぐ狙いがあります。飲み忘れてしまうと充分な効果が実感できなくなってしまうため、ご注意下さい。デュタステリドの効果が現れ始めるまでは、早い方でも3ヶ月、実感できるようになるまでには6ヶ月~1年程かかります。
デュタステリドを服用すると、すぐに5aリダクターゼを抑制しDHTを抑制し、毛周期の改善をし始めます。しかし、髪が薄い部分は休止期を経て産毛が生え始めるまでには最短でも3ヶ月はかかります。さらに生えた産毛が成長し、毛髪が増加したと実感できる程度まで伸びるまでにはさらに時間がかかるため、6ヶ月以上の期間が必要になります。そのため、毛髪の状態を維持し続けたい場合は、薬剤を服用を継続していく必要があります。
服用期間や治療期間が短いと
効果が現れ始めるまでには、最短でも6ヶ月以上は必要ですが、それよりも早い段階で服用を止めてしまった場合、毛周期も治療前に戻ってしまい効果が現れることが難しくなってしまいます。さらに、効果を維持するためには、しばらくの間デュタステリドを服用しないといけません。

効果的なAGA治療

デュタステリド以外のAGA治療薬として、ミノキシジルがあります。デュタステリドとミノキシジルを併用することで、AGA治療の効果を高めることができます。
ミノキシジルは血管を拡張し、血流を増加させ、毛髪となる毛母細胞へ発育に必要な栄養素を行き渡らせるため、高い発毛効果や育毛効果が期待できます。AGA治療は多角的に治療することがとても有効です。作用機序の違う2剤を併用することで効果的なAGA治療を行うことができます。

デュタステリドの副作用

デュタステリドを継続して服用した際に、副作用の発症数試験の症例の内、目立って現れたものは以下の副作用があります。
・乳房障害
・勃起不全
・精神障害
・性欲減退
・鼻咽頭炎
どれも副作用が発現する確率は10%以下で、比較的安全性が高い薬剤といえます。
また、副作用とは異なり、AGA治療の初期に初期脱毛という症状が現れる可能性があります。ヘアサイクルが改善されたことによって、栄養の足りていなかった抜けやすい毛髪が一気に脱毛するため、一時的に脱毛量が増加する症状です。薬剤の効果で、健康な毛髪に生え変わる事によって起きる症状になりるため、初期脱毛が現れても安心して服用を継続してください。

デュタステリド服用時の注意

次に該当する方は服用してはいけません。
・小児
・女性(妊娠中や妊娠の可能性がある方、または搾乳中の方)
・肝機能障害のある方
ザガーロは女性には適応がなく、乳房障害(女性化乳房・乳房痛・女房不快感など)が現れる可能性があるため、こちらも服用や触れることも危険です。また、妊娠中、搾乳中、妊娠予定の方も胎児への影響の面から触れることも危険なため、ご注意下さい。
以上のことから、デュタステリドを服用した方は、服用停止から6ヶ月の間に献血をすることができません。また、精子には影響はないとされていますが、ご心配の場合は医師と服用を停止すべきかご相談する事を推奨します。
そして薬剤は肝臓で代謝されるため、重度の肝機能障害の方の場合は、分解能力が低く、薬剤の濃度が高くなりすぎてしまう可能性があるため注意が必要です。
また、デュタステリドを服用している際は、前立腺の腫瘍マーカーであるPSAの数値が半減する可能性があります。服用中に検査を受ける際は必ず申告するようにしましょう。

AGA治療ならギガクリニック大阪なんば院へ

ギガクリニック大阪なんば院では、AGA治療薬の処方をしており、患者さま一人一人のお悩みに親身にご相談いただけるよう心がけております。AGA治療薬のザガーロ処方、ザガーロジェネリック(デュタステリド)処方、プロペシア処方、プロペシアジェネリック(フィナステリド)処方、ミノキシジル(ミノキシジルタブレット、ミノキシジルローション)を処方しております。また、治療効果の高さとコスト面で優秀な当院オリジナル内服薬セット「AGA ギガセレクト」の処方もしております。
また、ギガクリニック大阪なんば院は国内最安値の価格で処方出来るよう目指しております。診察料は無料、費用はお薬代のみになります。
AGA治療はギガクリニック大阪なんば院にご相談ください。

アクセス◎

住所は大阪府大阪市中央区難波2-3-5 ティックランドビル3F 301号室となりますが、分からないようでしたらお電話等でもご案内させていただきます。
以下の近辺にお住まい方のは是非ギガクリニック大阪なんば院をご利用下さい。
中央区(安土町・淡路町・安堂寺町・和泉町・糸屋町・今橋・上汐・上本町西・上町・内淡路町・内久宝寺町・内平野町・内本町・大阪城・大手通・大手前・瓦町・瓦屋町・神崎町・北久宝寺町・北新町・北浜・北浜東・久太郎町・高津・高麗橋・粉川町・石町・材木町・島之内・島町・十二軒町・城見・心斎橋筋・千日前・船場中央・宗右衛門町・谷町・玉造・釣鐘町・天満橋京町・道頓堀・東平・常磐町・徳井町・道修町・中寺・難波・難波千日前・西心斎橋・日本橋・農人橋・博労町・馬場町・東高麗橋・東心斎橋・平野町・備後町・伏見町・船越町・法円坂・本町・本町橋・松屋町・松屋住吉・南久宝寺町・南新町・南船場・南本町・森ノ宮中央・鎗屋町・龍造寺町)、堺筋、阿倍野筋、御堂筋、心斎橋筋、みてじま筋、新なにわ筋、十三筋、飛田新地、松島新地、信太山新地、今里新地、滝井新地、北区、都島区、福島区、此花区、西区、港区、大正区、天王寺区、淀川区、東成区、生野区、旭区、城東区、鶴見区、阿倍野区、住之江区、住吉区、東住吉区、平野区、西成区。また兵庫、京都、奈良、和歌山、徳島、香川といった関西地方や四国地方の方も是非ギガクリニック大阪なんば院をご利用下さい。

大阪難波駅各路線

近畿日本鉄道 近鉄難波線(奈良線) 徒歩0分
阪神電気鉄道 阪神なんば線 徒歩0分
南海電気鉄道 南海線・高野線(難波駅) 徒歩5分
大阪メトロ 御堂筋線・四つ橋線・千日前線(なんば駅) 徒歩0分
大阪メトロ 千日前線・堺筋線(日本橋駅) 徒歩7分
JR西日本 関西本線(JR難波駅) 徒歩5分