ED・早漏治療/薄毛・AGA治療の悩みなら大阪なんばギガクリニック

大阪なんばギガクリニック

TEL.06-4256-4522

(休診 15:00~15:30)

月〜土11:00~20:00

日・祝10:00~17:00

EDとうつ病 ギガクリニック大阪なんば院

EDの症状には様々な原因があります。「鬱ED」という名称はありませんが、うつや、うつを治療するための薬剤が原因でEDになってしまうというケースはあります。今回はそういった「うつ病症状ED」あるいは「うつ病薬ED」とでも言うべき症状に対し、バイアグラやレビトラ、シアリスといったED治療薬が有効なのか?等のEDとうつ病の関係をご紹介していきます。

うつ病とは

うつ病は、精神的・肉体的なストレスが重なることなど様々な理由から脳の機能障害が起きている状態です。よく眠れない・食欲がない・日常的に気分が落ち込んでいる・何をしても楽しめない、ということが続いている場合は、うつ病の可能性があります。脳がうまく働かなくなると、ネガティブな思考状態になってしまい、考えが否定的であったり、何をやっても自分のことをダメな人間だと感じてしまいます。そのため、普通であれば問題なく乗り越えられる様なことでも、辛く感じてしまい、ストレスが大きくなって悪循環を起こしてしまいます。

近年では、うつ病についての認識や診断基準の解釈が広がっていることもあり、受診する方が増加しているようです。厚生労働省が行っている患者調査では、うつ病を含む気分障害の患者さんが急速に増加していることが指摘されています。理由は様々ですが、社会的・経済的など環境の影響で抑うつ状態になる人が増加しており、調査結果では、日本に現在または過去で、うつ病を経験した方が100人に3~7人という割合が出ています。。

うつ病の代表的な症状として、「憂うつな気分や気持ちが重く感じるといった抑うつ状態が一日の大半を占め、これが長期間続いている状態」を指しています。このような症状が現れた場合は、うつ病と診断されることが多くありますが、本当はこれだけで診断がついたことにはなりません。他に、性格や環境、他の病気やこれまでに服用した薬剤等が関係していることもあるからです。大うつ病と呼ばれるタイプのうつ病の診断基準がこれに当たります。

うつ病の主な原因は、環境的要因(仕事等によるストレス、人間関係のトラブル、妊娠・身近な人の死による喪失体験・引っ越し等による環境の変化)、身体的要因(慢性的な疲労、ホルモンバランスの変化、脳血管障害、降圧剤や経口避妊薬などの服用)に分けられます。また、これまでに躁状態や軽躁状態を経験したことがある場合は、うつ病でなく双極性障害(躁うつ病)であると考えられますので、そういう経験の有無の確認も必要になります。統合失調症等の他の精神疾患が背景にあり、抑うつ状態はその症状のひとつであったという場合もあります。この様な症状を万が一うつ病と診断された場合、本当の疾患が見逃されてしまい、せっかくの早期発見・早期治療のチャンスを逃してしまうことになってしまいます。正しいうつ病の診断は、うつ病のタイプ、他の精神疾患である可能性の有無、などを確認することまで含まれます。うつ病の可能性があり不安を感じる場合は、専門の医療機関で相談してください。

EDとうつ病との関係性

うつ病の患者は、ED発症率が非うつ病の患者よりも高く、またEDの症状がある方は、うつ病の症状が現れ易いとされています。このことからEDとうつ病は密接に関係しいていることが分かります。
EDとは勃起障害・勃起不全のことで、中折れや途中で萎えてしまうといった症状です。これは主に、血液の流れが悪く陰茎まで届かないためですが、様々な原因が考えられます。
大きく分け、加齢・喫煙・飲酒・生活習慣・持病などの「器質性」、うつ病の原因にもなるストレスやプレッシャー等による心理的・精神的負担の「心因性」があります。また、普段服用している薬剤の副作用によって発症する「薬剤性」も考えられ、うつ病の方は主に心因性ED、薬剤性EDと呼ばれるものに当てはまります。

上述した通り、うつ病は脳が正常に働かないと説明しましたが、これは脳内でセロトニンやアドレナリン等の脳内物質が不足するためです。セロトニンは人に幸福感や安心感を抱かせる物質で、アドレナリンは交感神経を活性化させ、身体の危険に対応できるよう活動的にさせる物質です。これらが減少した状態では、脳からの性的な刺激も減少され、陰茎まで伝わらず勃起に至りません。また、うつ病はLOH症候群という男性更年期障害の症状の1つでもあります。LOH症候群は男性ホルモンのテストステロンが減少し、気力や集中力の低下・精力減退・ED・うつ症状となります。テストステロンの役割は男性の身体にとって重要で、男性らしい身体づくりや抗糖尿病・抗肥満の効果等があります。テストステロンの減少を抑え、分泌を維持することはLOH症候群、さらにはEDとうつ病を未然に防ぐ重要な対策になります。

ED薬にて治療

軽度のうつ病からくるEDであればバイアグラ(シルデナフィル)、レビトラ(バルデナフィル)、シアリス(タダラフィル)やジェネリック医薬品等のED治療薬(PDE5阻害薬)による治療で、症状の改善が見込めます。血管拡張作用により血流が増加し効果を発揮させ、勃起することができます。うつ病の治療薬との併用も問題はありません。

EDを改善することは自信に繋がりますし、うつ状態にも良い影響を与えることもできます。しかし、重度の抑うつ状態や特定の向精神薬などを服用している場合は、効果が十分にでない場合もありますので、必ず医師にご相談ください。

ED治療や早漏治療ならギガクリニック大阪なんば院へ

ED治療や早漏治療でお悩みでしたらギガクリニック大阪なんば院へご来院ください。ED治療薬のバイアグラ処方、レビトラ処方、シアリス処方、各ジェネリック医薬品の処方、早漏治療薬のダポキセチン(プリリジー)処方を国内最安値の価格で処方出来るよう目指しております。診察料は無料、費用はお薬代のみです。ED治療はギガクリニック大阪なんば院にご相談ください。また、EDかも?と思うようなことがあればお気軽にご相談ください。
EDのみならず男性更年期障害(LOH症候群)に効果があるDHEA、亜鉛やアルギニン(マカ)等の取扱いも致しており、様々な悩みに対応することができます。

アクセス◎

ギガクリニック大阪なんば院の住所は大阪府大阪市中央区難波2-3-5 ティックランドビル3F 301号室になります。
付近にお住まいの方は、是非ギガクリニック大阪なんば院へご来院下さい。
中央区(安土町・淡路町・安堂寺町・和泉町・糸屋町・今橋・上汐・上本町西・上町・内淡路町・内久宝寺町・内平野町・内本町・大阪城・大手通・大手前・瓦町・瓦屋町・神崎町・北久宝寺町・北新町・北浜・北浜東・久太郎町・高津・高麗橋・粉川町・石町・材木町・島之内・島町・十二軒町・城見・心斎橋筋・千日前・船場中央・宗右衛門町・谷町・玉造・釣鐘町・天満橋京町・道頓堀・東平・常磐町・徳井町・道修町・中寺・難波・難波千日前・西心斎橋・日本橋・農人橋・博労町・馬場町・東高麗橋・東心斎橋・平野町・備後町・伏見町・船越町・法円坂・本町・本町橋・松屋町・松屋住吉・南久宝寺町・南新町・南船場・南本町・森ノ宮中央・鎗屋町・龍造寺町)、堺筋、阿倍野筋、御堂筋、心斎橋筋、みてじま筋、新なにわ筋、十三筋、飛田新地、松島新地、信太山新地、今里新地、滝井新地、北区、都島区、福島区、此花区、西区、港区、大正区、天王寺区、淀川区、東成区、生野区、旭区、城東区、鶴見区、阿倍野区、住之江区、住吉区、東住吉区、平野区、西成区。
また兵庫、京都、奈良、和歌山、徳島、香川といった関西地方や四国地方の方も是非大阪なんば院をご利用下さい。

大阪難波駅各路線

近畿日本鉄道 近鉄難波線(奈良線) 徒歩0分
阪神電気鉄道 阪神なんば線 徒歩0分
南海電気鉄道 南海線・高野線(難波駅) 徒歩5分
大阪メトロ 御堂筋線・四つ橋線・千日前線(なんば駅) 徒歩0分
大阪メトロ 千日前線・堺筋線(日本橋駅) 徒歩7分
JR西日本 関西本線(JR難波駅) 徒歩5分