ED・早漏治療/薄毛・AGA治療の悩みなら大阪なんばギガクリニック

大阪なんばギガクリニック

TEL.06-4256-4522

(休診 15:00~15:30)

月〜土11:00~20:00

日・祝10:00~17:00

薄毛治療

AGA(男性型脱毛症)とは

大阪なんばギガクリニックではAGA治療(男性型脱毛症)を行っております。
「Androgenetic Alopecia」の略で、成人男性に発症する脱毛症のことで、一般的に言われる男性の薄毛、ハゲのことです。男性の思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか、または双方から薄くなっていきます。

AGAは進行性

AGAの人は全国で1200万人いると言われ、そのうち気にかけている人は800万人、何らかのケアをしている人は650万人です。何もしないと段々と薄毛が進行していきます。そのためには早めのケア、治療が大事です。

AGAは進行性

(MSD社 AGA newsから引用)

髪の毛はヘアサイクルという周期がある。

AGAになると髪の毛の寿命のサイクル「ヘアサイクル」の成長期が短くなってしまい、髪の毛が太く長く成長する前に抜け落ちてしまいます。そのため成長しきれない細く短い毛ばかりになると、薄毛、ハゲが目立つようになります。
AGAは進行型の症状になるため、出来るだけ早めに対処することで、予防・発毛することが可能です。

AGAの原因は?

そもそも薄毛の原因は何なのか?AGAには遺伝的な要素と生活習慣が大きく影響しています。

1.遺伝的な要素としては男性ホルモンが大きく影響することが判明しています。

男性ホルモンの代表的なものはテストステロンです。このテストステロンは頭皮にある5αリダクターゼという酵素と結合するとジヒドロテストステロン(DHT)というホルモンに変換されます。
そのホルモンにより髪の成長サイクルを通常より短縮し、髪の成長を乱してしまいます。そのことにより細く、短く、抜けやすい髪の毛になり、結果として薄毛になります。男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)が高濃度な部分(生え際から頭頂部)で薄毛が進行していきます。

AGAは進行性

(MSD社 AGA newsから引用)

2.1つは頭皮への血流低下や荒れ、炎症などが考えられます。

髪の毛が成長するためには毛細血管に栄養を送る必要がありますが、血管の循環不良により成長が鈍ってしまい髪の毛が抜けやすくなると考えられます。

3.最後に頭髪を作る材料(成分)が足りなくなっていることです。

髪を生成するのに必要な成分は、ミネラル・亜鉛・ビタミンB群などがありますが、それらの成分とバランスの取れた食事を摂れていなければ、しっかりとした太い毛が育たずに毛が抜けやすくなってしまいます。

人によって薄毛の種類は様々

人それぞれ薄毛のタイプがありますし、遺伝的にプロペシア、ザガーロが効きにくい人、ミノキシジルが効きにくい人など様々です。

AGAは進行性

(MSD社 AGA newsから引用)

医師と相談し、あなた自身にあったAGAの治療法で治療しましょう。

AGAの治療薬

  1. 最も有効なAGA対策の1つが、男性ホルモンのジヒドロテストステロンへの対策です。
    テストステロンという男性ホルモンが頭皮に存在する5α-還元酵素(リダクターゼ)という酵素と結合し、ジヒドロテストステロンに変化します。そのため、ジヒドロテストステロンを高濃度にしないためには、5α-還元酵素を阻害することが有効です。
    AGA治療薬として有名なプロペシアがありますが、プロペシアは5α-還元酵素阻害薬と呼ばれ、その有効成分である「フィナステリド」には、その5α-還元酵素を阻害してくれる働きがあります。プロペシアと同じく5α-還元酵素阻害薬でよりしっかりとした効果があるAGA治療薬「ザガーロ(デュタステリド)」があります。
  2. 頭皮の血流を改善させる薬として毛根への血流を改善させる「ミノキシジル」があります。ミノキシジルの外用剤は大正製薬の「リアップ」として販売され、テレビのCM等も行われているのでご存知の方も多いと思います。ミノキシジルは血流を改善させるため、毛髪がしっかり太く育つことが証明されています。
  3. その他には、レーザー照射や自毛植毛等がありますが、まずは薬で男性ホルモンへの対策や血流改善からAGA治療を行うことが基本です。内服薬と外用薬で99%の方に効果が期待できますが、2~3年治療しても発毛効果に物足りなさを感じたら検討するといいでしょう。

AGA治療は他剤併用が効果的

AGA治療は例えばDHTの産生を抑制するプロペシアだけを服用するよりも、血流を良くするミノキシジル外用剤やミノキシジルタブレット、頭皮環境を整えるケトコナゾール等複数薬剤を組み合わせることで早期に効果的に発毛を促すことができます。特にミノキシジルはAGA治療に必須の医薬品です。その他頭皮環境を整える亜鉛などもしっかり摂取しましょう。

AGA治療のコツ

AGA治療のコツは最初の2~3年複数薬剤を使いしっかり発毛させ、満足する程度に発毛、育毛したら、だんだんと薬剤の種類、量を減らしていき現状維持を保つようにすると早期に発毛し、形容が整い、治療の満足度が高くなるでしょう。また早期から発毛するので治療当初は少し費用がかさみますが、その後は費用が安く済みます。

頭皮環境を整えよう

  1. バランスのとれた食事
  2. 禁煙のすすめ
  3. ストレスの少ない生活

また、食生活や運動不足などの生活習慣で後天的な要素から薄毛を発症することもあります。過度な飲酒や煙草なども頭皮の血流が悪くなり、髪の毛に栄養が届きにくくなるためよくありません。バランスの良い食事を摂取し毛髪の影響分である亜鉛や発毛効果があるリジン、ビタミンB類等を摂取しましょう。
ストレスも薄毛の原因になります。ストレスはなるべくためないようストレス解消をしてください。

髪の毛を清潔に保つには正しいシャンプーのしかたも覚えましょう

人それぞれ薄毛のタイプがありますし、遺伝的にプロペシア、ザガーロが効きにくい人、ミノキシジルが効きにくい人など様々です。
頭皮の荒れ、皮脂が多く分泌されることで毛穴が詰まり、頭皮に炎症が及ぶことによって髪が成長しにくくなると考えられます。

髪の毛を清潔に保つには正しいシャンプーのしかたも覚えましょう

(MSD社 AGA newsから引用)

  1. 軽くブラッシングして髪を整える
  2. 髪をお湯ですすぎ汚れをざっと落とす
  3. シャンプーを手の平でよく泡立て指の腹の部分で頭皮をマッサージするように洗う。
  4. 頭皮や髪にシャンプーが残らないよう、たっぷりのお湯ですすぐ。
  5. リンスやトリートメントで毛先を整え、しっかりすすぐ。
  6. タオルでたたくように髪の毛の水分を取りドライヤーで乾かす。(ドライヤーはあまり熱くせず風で乾かすように)

AGA Q&A

AGAとはどういう意味ですか?
AGAとは「Androgenetic Alopecia」の略で、成人男性に発症する脱毛症のことで、一般的に言われる男性の薄毛、ハゲのことです。男性の思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか、または双方から薄くなっていきます。

日本ではどれくらいの割合でAGAになるのですか?
全国で1260万人の方がAGAと言われています。成人男性のおよそ4人に1人は薄毛の症状があると言えます。

AGAの原因はなんですか?
髪の毛には1本1本寿命があり、伸びては抜け、新しく生えるということを繰り返しています。これをヘアサイクルといい、AGAになると、このヘアサイクルが短くなり、髪の毛が十分に育つ前に抜けてしまい、細く短い髪の毛が多くなってしまうため、全体として薄毛が目立つようになります。

治療を行えば必ず効果がありますか?
必ず効果があるとは言えません。国内臨床試験の結果では98%の方に髪の毛が増えたり、抜け毛が減るなどの高い効果が認められていますが、100%ではありません。

AGAの治療はどんなものがありますか?
AGA治療は主に薬物治療と自毛植毛術の2種類に分けられます。薬物治療は医療機関で処方されるお薬を使用して改善させます。ドラッグストア等で購入可能な一般医薬品もこれに該当します。
自毛植毛術は、医療機関で薄毛が気になる部分に髪の毛や代替品を植え付けたり、頭皮の毛組織を移植する方法です。
他にもかつら等の対策もありますが、AGA治療かといわれると難しいところです。
当院では、薬物治療のみ行っています。

AGAとタバコやお酒に関係はありますか?
タバコは血管を収縮させ頭皮の血行を悪くするため、可能なら禁煙をお勧めします。 お酒に関しても、飲みすぎだと感じている場合は控えることをお勧めします。

薬は毎日飲みますか?
1日1回服用してください。

いつ飲めばいいのですか?
食事の影響もないので、いつ服用しても大丈夫です。しかし、できるだけ毎日同じ時間に服用した方が効果が安定して現れます。

どれぐらいで効果が出ますか?
早い方で3ヶ月ほどで効果が現れる方がいますが、基本的には6ヶ月~1年ほどかかります。

初期脱毛とは何ですか?
AGA治療薬を服用すると、一時的に抜け毛が増えることがあります。これは抜け落ちる予定であった髪の毛が、薬の効果により通常より早く抜けてしまうためです。効果が現れ始めてきたと思って良いでしょう。初期脱毛は1~4週間ほどで治まり、その後毛髪は改善していきます。

2飲み忘れたら次の日2錠飲んでも良いですか?
思わぬ副作用が現れる可能性がありますので、飲み忘れても2日分の服用はしないようにしてください。