ED・早漏治療/薄毛・AGA治療の悩みなら大阪なんばギガクリニック

大阪なんばギガクリニック

TEL.06-4256-4522

(休診 15:00~15:30)

月〜土11:00~20:00

日・祝10:00~17:00

プロぺシア

プロペシア

  • AGA治療の標準薬のひとつ
  • 98%のAGA治療効果
  • ジェネリック医薬品が発売されており安価で治療が可能
  • ザガーロ(デュタステリド)発売後はザガーロの方が人気
  • ミノキシジルと併用することでより発毛に効果あり

プロペシア(フィナステリド)とは

プロペシア(フィナステリド)とは

(MSD社HPより引用)

大阪なんばギガクリニックではAGA治療薬のプロペシアを処方をしております。プロペシアはジェネリック医薬品のフィナステリドが発売されていますので同成分で価格が安いプロペシアジェネリックでのAGA治療がお勧めです。
AGA(男性型脱毛症)は日本人男性の約3割に発症のおそれがあるとされています。そのAGA治療薬の1つとしてMSD社が開発したものが「プロペシア(一般名:フィナステリド)」です。プロペシアという名称は、「賛成」を意味する接頭語「Pro」と脱毛症を意味する「Alopecia」を合わせて名づけられており、「脱毛症の方を擁護する」という意味です。
しかしプロペシアは意外なことに初めからAGA治療薬として開発されていたわけではなく、元々は前立腺肥大症の治療薬として開発されていました。開発の途中で主成分であるフィナステリドにAGA抑制の副効果があることが分かり、改めてAGA治療薬として研究開発し、生まれたのがプロペシアです。
プロペシアのAGA治療薬としての評価は高く、日本皮膚科学会の男性型脱毛症ガイドラインにおいて推奨度が5段階評価で最も高いAランクに位置付けられています。ただし近年では、プロペシアの約1.6倍の効果があり、同じくAランクに位置付けられている「ザガーロ(一般名:デュタステリド)」が登場したことや、プロペシアのジェネリック医薬品であるフィナステリド錠が販売されていることから、あえて高価な先発品であるプロペシアで治療を継続する方は減ってきているようです。特にAGA治療は長期間の服用が必須であるため、同等の効果で費用を抑えられるジェネリック医薬品に切り替えるのは、大きなメリットといえるでしょう。

プロペシアの用法・用量

ケトコナゾールの化学式

プロペシアの一般名
フィナステリド( finasteride )

1mg錠を1日1回1錠服用する。
剤型は0.2mg、1mg
0.2mg錠の製剤もありますが、効果は1mg 錠が高く、副作用の頻度は変らないため、多くの医療機関では1mg錠を処方しています。

プロペシアの作用機序

髪の毛にはヘアサイクルというものがあり、たとえ正常な人でも一定期間で抜けてしまい新しい髪の毛へと生え変わります。ヘアサイクルには、髪の毛が成長する「成長期」が2~6年、髪の毛の成長が止まる「退行期」が2週間から1ヶ月、髪の毛が抜けるのを待つ「休止期」が3~4ヶ月と3段階あり、この3つを繰り返します。このヘアサイクルが乱れて成長期が短くなり、髪の毛が成長しきる前に抜けてしまうことでAGAを発症します。ヘアサイクルが乱れてしまう原因には、男性ホルモンの一種であるDHT(ジヒドロテストステロン)が大きく関わっているとされ、DHTは男性ホルモンであるテストステロンが「5α還元酵素」の働きで変換されることにより生産されます。
プロペシアはこの5α還元酵素の働きを阻害することによってDHTの生産をおさえ、ヘアサイクルを正常に戻すことでAGAが改善されます。効果が出るまでの期間は症状などによっても異なりますが、通常であれば半年から1年程度、早い方であっても最低3ケ月程度必要になります。また、効果が出たからといって服用をやめてしまうと、AGAが再発してしまうおそれがありますのでお気をつけください。

プロペシアの効能・効果

プロペシアは男性型脱毛症(AGA)を改善させます。プロペシアの効果はAGAの現状維持~軽度改善です。
服用後5~6か月で多くの方が発毛するため効果判定は治療開始6か月後におこないます。服用後1年で発毛効果は98%、服用後2年では99%の方に発毛効果が認められています。
多くの方に効果がありますが、最近は同様の機序でより効果の高いザガーロ等のデュタステリド製剤を治療に使用することが多くなってきています。
またプロペシアの1mgと5mgで発毛効果を比較したところ有意差がなかったこともわかっていますのでたくさん発毛させようとたくさんプロペシアを服用しても効果はありません。
ミノキシジルは作用機序が違うため併用することができます。プロペシアもミノキシジルも日本皮膚科学会が推奨度Aと高い評価をしています。

プロペシアの飲み方・服用方法

1mg錠を1日1回1錠服用する。
食事の影響は受けず、服用のタイミングに制限はありませんが、毎日決まった時間に飲んでいただくと薬剤の血中濃度が安定し、飲み忘れ防止にもなるのでおすすめしております。もし、前の日に飲み忘れてしまっても次の日に前の日の分もまとめて服用するのはおやめください。

プロペシアの副作用

プロペシアは安全性が高い医薬品で副作用の頻度は4%とかなり低い数値になっています。代表的なもので勃起不全や性欲減退などですが1%ほどと低く、臨床試験の際に偽薬を飲んだ群と比較して有意差は認められていません。稀に肝機能障害や食欲不振など倦怠感を感じる症状も知られていますが、症状が現れた場合は専門の医師にご相談ください。
また、副作用とは異なる症状で抜け毛が一時的に増加する「初期脱毛」が現れることがあります。ヘアサイクルが改善され、新しく生えてくる健康的な髪の毛に場所を譲るために古い髪の毛が抜けることで起きると言われていますが、プロペシアを販売しているMSD社はプロペシアでは初期脱毛は見られないと見解を発表していますのでご安心ください。

プロペシア服用時の注意点

プロペシアの主成分であるフィナステリドに過敏症の既往歴のある方や肝機能障害をお持ちの方、女性や未成年の方は服用できません。
特に妊娠中、授乳中の女性が服用してしまうと、胎児や乳児の生殖器の発育に影響が出てしまうおそれがあります。フィナステリドは経皮吸収されることがあるため、保管場所にもお気をつけ下さい。
プロペシア服用中の方は献血ができません。献血をするには薬剤の成分が体内から完全に抜けきるまで1ヶ月間の休薬期間が必要になります。

プロペシアの通販や個人輸入代行に注意!!

プロペシアなどのAGA治療薬は長期間の服用が必須であるため、費用をおさえようと非常に安く薬剤が手に入る通信販売や個人輸入代行サイトの利用を考える方も多いのではないでしょうか。しかし、製薬会社の調査でインターネット上に流通している薬剤の約6割が偽物であったというデータがあり、偽造品の可能性が高いと言われております。偽造品を服用してしまうと効果が期待できないだけでなく、得体のしれない成分の服用による健康被害を被る可能性もあり、大変危険です。AGA治療をご希望の際は、必ず医療機関を受診するようにしましょう。