ED・早漏治療/薄毛・AGA治療の悩みなら大阪なんばギガクリニック

大阪なんばギガクリニック

TEL.06-4256-4522

(休診 15:00~15:30)

月〜土11:00~20:00

日・祝10:00~17:00

ミノキシジルタブレット ギガクリニック大阪なんば院

ギガクリニック大阪なんば院ではED治療の他にAGA治療も行っております。AGA治療薬ではプロペシア(フィナステリド)、ザガーロ・アボルブ(デュタステリド)、ミノキシジルローション・タブレットや毛髪に必要な栄養素である亜鉛などを取り扱っております。また当院では「AGA ギガセレクト」というオリジナルの治療も行っております。気になる方は是非お問い合わせ下さい。
今回はミノキシジルタブレット(ミノタブ)についてです。AGA治療に非常に効果的なミノキシジルタブレットには2.5mg、5mg、10mgの3種類があり、通販などを利用して購入することが可能です。含有量の違いで作用や副作用は異なるのでしょうか。また服用を開始してから脱毛が目立つという報告も挙がりますが、こういった初期脱毛は問題ないのしょうか。他にも薬剤への耐性や服用方法など気になることが多くあると思います。

 

ミノキシジルとは

ミノキシジルとは1960年代にファイザー社によって製造されました。高血圧症の方への血管拡張薬として使用されていましたが、脱毛症にも適応があることが分かり、脱毛症の治療薬として「Rogain(ロゲイン)」の販売が開始されました。日本では一般用医薬品として大正製薬から「リアップ」として販売されています。ロゲインもリアップも有効成分は同じなため、効果・副作用は同様のものとなります。

ミノキシジルの効果

有効成分であるミノキシジルは、血管を拡張し血流を増加させることにより、毛母細胞の分裂を促します。毛母細胞が活発になるにつれ、毛包が大きく成長します。弱っていた毛包が大きくなると、健康的で太く長い毛髪が生えてくるようになります。他にもミノキシジルは血管拡張作用があるので、毛髪に必要な栄養素が十分に運ばれるようになります。このようにミノキシジルは細胞から活性化させていくので、AGA治療には非常に効果的なのです。

ローションとタブレットの違い

ミノキシジルにはローションタイプとタブレットタイプがあり、有効成分が同じミノキシジルですがタブレットタイプは直接体内に入れるためローションタイプより効果が高いと言われています。また併用することでかなり高い発毛効果が期待できますが、副作用にはどのような違いがあるのでしょうか。

ローションタイプでは頭皮に直接塗布するタイプのため、頭皮の発疹やかゆみ、タブレットタイプでの副作用は、多毛やむくみや頭痛などが現れる可能性があります。ローションは気になる患部に塗布し局所に作用しますが、タブレットは内服し体内に直接入れるため、有効成分ミノキシジルが全身に作用します。そのため、体毛が濃くなる可能性が現れるのです。その場合は、体毛を剃るなどし対応してください。むくみは一般的に女性に多く、男性にはあまり見られない症状です。

また、服用し始めてから脱毛が目立つという相談がよくありますが、これは副作用ではなく初期脱毛という症状です。ミノキシジル服用後1~2カ月ごろにみられる症状で、古い毛髪が抜け落ち、新しい毛髪が生えてくる証拠のため問題ありません。初期脱毛が現れたからといって服用を止めないようにして下さい。

むくみや頭痛などの副作用が酷い場合は一度服用を止め、専門の医師に相談するようにして下さい。

服用方法

ミノキシジルには2.5mg、5mg、10mgの3種類があります。基本的には最小の2.5mgが開始するのが一般的です。いきなり10mgから始めると副作用が強く現れる可能性があるため、推奨はしておりません。ミノキシジルタブレットの用量調節は医師でないと難しいと思います。用量の増減は医師と相談しながら決めるようにして下さい。

1日1回1錠の服用で、服用するタイミングは寝る前以外でしたらいつでも問題ありません。但し必ず24時間毎に服用するようにして下さい。24時間毎に服用することで有効成分であるミノキシジルの血中濃度を維持することができます。
ミノキシジルを長期期間服用している方の中には効かなくなった、耐性がついたのではないかと思う方がいますが、耐性が発生するということはありません。ミノキシジルの効果が現れないと感じる方は、普段の生活習慣が悪化している可能性があります。生活習慣が悪化すれば服用を始めた時と比較して十分な効果が現れなくなります。ミノキシジルを服用しているからといって安心せずに、しっかりとした生活習慣を心がけるようにして下さい。

ミノキシジルの服用を注意した方がいい人

ミノキシジルは本来は高血圧症の方への治療薬のため、低血圧の方が服用してしまうと通常より副作用の影響を多く受けてしまいます。そのため、服用は控えた方がよいでしょう。他にも服用をできない方もいます。
・低血圧の方
・心臓が悪い方
・人工透析を受けている方
・腎臓や肝臓が悪い方
・妊婦の方
・20歳未満の方
・過去にミノキシジルでアレルギー反応が現れた方
・発作障害を持っている方
・狭心症の方
・うっ血性心不全の方
上記に当てはまる人は服用ができません。また、他にも服用している薬剤の種類や持病によっては服用できないことがあるため、一度医師に相談してから服用するようにして下さい。

薬剤の購入について

近年では、個人輸入代行や通販を利用して低価格で薬剤を入手することができます。しかし、こういったものを利用しての購入は大変危険です。個人輸入代行などではどこかの流通経路で偽物が紛れ込んでしまう可能性があります。ED治療薬では約6割が偽薬という結果が出ています。こういった偽薬はちゃんとした有効成分が入っているかも分かりません。万が一服用してしまうと思わぬ副作用が現れ、重篤な健康被害を及ぼす可能性があります。こういった被害に遭わないようにも、薬剤は専門の病院やクリニックで医師の指導の下、処方してもらうようにして下さい。

ギガクリニック大阪なんば院ではED治療薬、AGA治療薬各種を地域最安値で処方しております。何かお悩みがある方は是非当院にご来院下さい。当院一同お待ちしております。

AGA治療ならギガクリニック大阪なんば院へ

ギガクリニック大阪なんば院では、AGA治療薬の処方をしており、患者さま一人一人のお悩みに親身にご相談いただけるよう心がけております。AGA治療薬のザガーロ処方、ザガーロジェネリック(デュタステリド)処方、プロペシア処方、プロペシアジェネリック(フィナステリド)処方、ミノキシジル(ミノキシジルタブレット、ミノキシジルローション)を処方しております。また、治療効果の高さとコスト面で優秀な当院オリジナル内服薬セット「AGA ギガセレクト」の処方もしております。
また、ギガクリニック大阪なんば院は国内最安値の価格で処方出来るよう目指しております。診察料は無料、費用はお薬代のみになります。
AGA治療はギガクリニック大阪なんば院にご相談ください。

アクセス◎

住所は大阪府大阪市中央区難波2-3-5 ティックランドビル3F 301号室となりますが、分からないようでしたらお電話等でもご案内させていただきます。
以下の近辺にお住まい方のは是非ギガクリニック大阪なんば院をご利用下さい。
中央区(安土町・淡路町・安堂寺町・和泉町・糸屋町・今橋・上汐・上本町西・上町・内淡路町・内久宝寺町・内平野町・内本町・大阪城・大手通・大手前・瓦町・瓦屋町・神崎町・北久宝寺町・北新町・北浜・北浜東・久太郎町・高津・高麗橋・粉川町・石町・材木町・島之内・島町・十二軒町・城見・心斎橋筋・千日前・船場中央・宗右衛門町・谷町・玉造・釣鐘町・天満橋京町・道頓堀・東平・常磐町・徳井町・道修町・中寺・難波・難波千日前・西心斎橋・日本橋・農人橋・博労町・馬場町・東高麗橋・東心斎橋・平野町・備後町・伏見町・船越町・法円坂・本町・本町橋・松屋町・松屋住吉・南久宝寺町・南新町・南船場・南本町・森ノ宮中央・鎗屋町・龍造寺町)、堺筋、阿倍野筋、御堂筋、心斎橋筋、みてじま筋、新なにわ筋、十三筋、飛田新地、松島新地、信太山新地、今里新地、滝井新地、北区、都島区、福島区、此花区、西区、港区、大正区、天王寺区、淀川区、東成区、生野区、旭区、城東区、鶴見区、阿倍野区、住之江区、住吉区、東住吉区、平野区、西成区。また兵庫、京都、奈良、和歌山、徳島、香川といった関西地方や四国地方の方も是非ギガクリニック大阪なんば院をご利用下さい。

大阪難波駅各路線

近畿日本鉄道 近鉄難波線(奈良線) 徒歩0分
阪神電気鉄道 阪神なんば線 徒歩0分
南海電気鉄道 南海線・高野線(難波駅) 徒歩5分
大阪メトロ 御堂筋線・四つ橋線・千日前線(なんば駅) 徒歩0分
大阪メトロ 千日前線・堺筋線(日本橋駅) 徒歩7分
JR西日本 関西本線(JR難波駅) 徒歩5分