ED・早漏治療/薄毛・AGA治療の悩みなら大阪なんばギガクリニック

大阪なんばギガクリニック

TEL.06-4256-4522

(休診 15:00~15:30)

月〜土11:00~20:00

日・祝10:00~17:00

プロペシアとミノキシジル ギガクリニック大阪なんば院

AGA(Androgenetic Alopecia)とは、進行性の男性型脱毛症のことで、思春期を過ぎた頃から発症する脱毛症です。一般的に遺伝や男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)の影響などが主な原因であると考えられています。また、生活習慣の乱れやストレスなどの影響により血行不良を招き、きちんと栄養が頭皮に行き渡らないということも大きな原因となります。このAGAに対抗する上で不可欠なのが、今回紹介するプロペシアとミノキシジルという2種類の薬剤で、ギガクリニック大阪なんば院にも各種取り揃えています。

プロペシアとは

日本で初めてAGAの治療薬として認められた薬剤で、世界では60ヶ国以上で承認されています。有効成分はフィナステリドです。本来は前立腺肥大や前立腺癌の治療薬として利用されていましたが、その後の研究により、毛髪の成長作用があることが分かり、AGA治療薬として販売されています。一般的には脱毛を予防し、毛髪を強くするという効果ですが、服用し続けることで毛量自体も増えたという体験談も多く、臨床試験においても発毛効果が認められています。薄毛の悩みを改善できる治療薬の一つとして日本皮膚科学会によるAGA治療におけるランクも最高ランクのAランク(行うよう勧められる)に設定されています。

プロペシア(フィナステリド)の効果と副作用

効果
毛髪は通常6~7年で生え変わっていますが、DHTの作用で毛髪の成長のサイクルを乱し、満足に成長することができなくなります。そこで、プロペシアの有効成分であるフィナステリドには薄毛の原因となるDHTの生成を抑えることによって、薄毛や抜け毛の進行を抑制する効果が期待できると考えられています。
プロペシア1mgを服用することで、殆どの方が半年後には発毛が実感し、1年後には98%の方に発毛が認められます。また、プロペシアは前頭部や頭頂部の毛髪が薄い方へ、高い効果が期待できると考えられています。

副作用
プロペシアを服用した際に、2%程度の副作用が現れることがあります。副作用の頻度はかなり低く、安全性が高い薬剤であることが分かります。
プロペシアの副作用には、主に頭痛、腹痛、下痢、眠気といった症状の他に、胃部不快感や頻尿といった消化器系の副作用が報告されています。注意が必要な副作用として、「男性機能の低下」があり、勃起不全(ED)や射精障害、精液量減少が生じる場合があります。もし、副作用でED(勃起不全)になってしまった場合は、ED治療薬を服用し対応することができます。これらの症状を感じた場合は専門医にご相談ください。但しこれらもプラセボ(偽薬)群と有意差は認められていません。

プロペシアの禁忌
・本剤の成分に対してアレルギーのある方は服用してはいけません。
・男性型脱毛症の治療薬ですので女性と小児に使用してはいけません。
これら以外にも注意しなければいけないことも存在します。プロペシアを服用開始する前に必ず医師の診察を受け、安全を確かなものにしてから服用するようにしましょう。

ミノキシジルとは

本来は血管拡張剤として開発され、血圧降下剤として使用されていましたが、副作用として全身の多毛症を頻繁に引き起こすことから、頭皮に対しての外用薬として臨床試験が実施され、脱毛症に有効であるとされています。ミノキシジルには外用薬と内服薬があり、どちらもAGAを改善する効果を持ちます。

ミノキシジルの作用と副作用

作用
ミノキシジルは直接毛母細胞に働きかけ、毛母の細胞分裂を活性化させ、毛髪の成長を早める働きがあります。また血管を拡張し血流を改善することで、毛髪が成長する際に必要な栄養を多く送り込むことで、抜けにくく、コシやハリのある毛髪の生成を促します。
また、ミノキシジルは外用薬と内服薬を併用することが可能です。AGA治療は多角的に行うと治療効果が高まりますが、ミノキシジルも併用することで相乗効果を見込めます。
副作用
発毛や育毛効果のあるミノキシジルですが、プロペシア同様に低い確率ながら副作用が現れることもあります。
また、表れる副作用についても外用薬と内服薬で違いがあります。
外用薬は頭皮に塗布するため「痒み」が最も多く、その他にも「低血圧」「手足のしびれ」などの報告があります。内服薬の場合は「多毛症」や「むくみ」「低血圧」です。
もしこのような副作用が強く生じた場合は、悩まずに専門医にご相談ください。
ミノキシジルの注意点
ミノキシジルの成分に、アレルギー反応を起こした方はお使いいただくことができませんのでご注意ください。外用薬はかぶれや炎症を起こすこともあります。薬剤を正しく、安全に使用いただくために、お求めの際は医師の診察を受けてから処方してもらうようにしましょう。

プロペシアとミノキシジルの併用

日本皮膚科学会が推奨しているプロペシアとミノキシジルの併用は、効果的な治療法であると考えられています。では、どのような効果が期待できるのかを詳しく見てみましょう。
プロペシアは、脱毛を引き起こす成分を体内で阻害する効果がある脱毛防止剤です。脱毛を防止しただけでは十分な満足を得ることは難しいものですが、ミノキシジルを併用することで、ミノキシジルが発毛因子を刺激して発毛を促す効果があります。このように併用することによって、お互いのメリットを兼ね合わせることで更なる治療効果を発揮することにより高いAGA改善効果を発揮することができます。

AGA治療薬を利用するにあたって

AGA治療薬は発毛を実感できるようになるまで、通常3~6カ月かかります。効果が現れないからと早いタイミングで自己判断で使用を中止しないで継続治療しましょう。
また、初期脱毛という服用開始時に一時的に抜け毛が増加する場合もありますが、それは悪い、不健康な毛髪が新しく生え変わる前兆のため、問題はありません。薬剤の効果が表れている証でもあるため、そのまま服用を継続してください。

通販や個人輸入の危険性

費用を安く抑えるために、通販や個人輸入の利用を検討される方も居るかと思いますが、粗悪品や偽物が送られてくる場合があり、想定外の副作用が現れることもあり、そのようなリスクを避けるためにも、通販や個人輸入出の購入はせず、専門の病院・クリニックにて医師の診察の上で処方してもらうことを推奨します。

AGA治療ならギガクリニック大阪なんば院へ

ギガクリニック大阪なんば院では、AGA治療薬の処方をしており、患者さま一人一人のお悩みに親身にご相談いただけるよう心がけております。AGA治療薬のザガーロ処方、ザガーロジェネリック(デュタステリド)処方、プロペシア処方、プロペシアジェネリック(フィナステリド)処方、ミノキシジル(ミノキシジルタブレット、ミノキシジルローション)を処方しております。また、治療効果の高さとコスト面で優秀な当院オリジナル内服薬セット「AGA ギガセレクト」の処方もしております。
また、ギガクリニック大阪なんば院は国内最安値の価格で処方出来るよう目指しております。診察料は無料、費用はお薬代のみになります。
AGA治療はギガクリニック大阪なんば院にご相談ください。

アクセス◎

住所は大阪府大阪市中央区難波2-3-5 ティックランドビル3F 301号室となりますが、分からないようでしたらお電話等でもご案内させていただきます。
以下の近辺にお住まい方のは是非ギガクリニック大阪なんば院をご利用下さい。
中央区(安土町・淡路町・安堂寺町・和泉町・糸屋町・今橋・上汐・上本町西・上町・内淡路町・内久宝寺町・内平野町・内本町・大阪城・大手通・大手前・瓦町・瓦屋町・神崎町・北久宝寺町・北新町・北浜・北浜東・久太郎町・高津・高麗橋・粉川町・石町・材木町・島之内・島町・十二軒町・城見・心斎橋筋・千日前・船場中央・宗右衛門町・谷町・玉造・釣鐘町・天満橋京町・道頓堀・東平・常磐町・徳井町・道修町・中寺・難波・難波千日前・西心斎橋・日本橋・農人橋・博労町・馬場町・東高麗橋・東心斎橋・平野町・備後町・伏見町・船越町・法円坂・本町・本町橋・松屋町・松屋住吉・南久宝寺町・南新町・南船場・南本町・森ノ宮中央・鎗屋町・龍造寺町)、堺筋、阿倍野筋、御堂筋、心斎橋筋、みてじま筋、新なにわ筋、十三筋、飛田新地、松島新地、信太山新地、今里新地、滝井新地、北区、都島区、福島区、此花区、西区、港区、大正区、天王寺区、淀川区、東成区、生野区、旭区、城東区、鶴見区、阿倍野区、住之江区、住吉区、東住吉区、平野区、西成区。また兵庫、京都、奈良、和歌山、徳島、香川といった関西地方や四国地方の方も是非ギガクリニック大阪なんば院をご利用下さい。

大阪難波駅各路線

近畿日本鉄道 近鉄難波線(奈良線) 徒歩0分
阪神電気鉄道 阪神なんば線 徒歩0分
南海電気鉄道 南海線・高野線(難波駅) 徒歩5分
大阪メトロ 御堂筋線・四つ橋線・千日前線(なんば駅) 徒歩0分
大阪メトロ 千日前線・堺筋線(日本橋駅) 徒歩7分
JR西日本 関西本線(JR難波駅) 徒歩5分