ED・早漏治療/薄毛・AGA治療の悩みなら大阪なんばギガクリニック

大阪なんばギガクリニック

TEL.06-4256-4522

(休診 15:00~15:30)

月〜土11:00~20:00

日・祝10:00~17:00

デュタステリドとは ギガクリニック大阪なんば院

ギガクリニック大阪なんば院ではED治療薬、AGA治療薬を各種お取り扱いしております。ED治療薬の処方だけでなく、AGA(男性型脱毛症)のご相談をされ、AGA治療薬を一緒に処方する事も可能です。薄毛が少し気になってきたという方は是非一度ご来院ください。

薬剤についての正しい知識を持つと、普段なんとなく使っている薬剤でも、より効果的に作用させることもできます。デュタステリドの飲み方や、効果と作用機序、初期脱毛の原因、そして副作用や半減期などはどうでしょうか?

デュタステリドとは

デュタステリドはイギリスにある製薬会社、グラクソ・スミスクライン社が2001年に開発したAGA治療薬「ザガーロ」の主成分です。2020年に日本でもザガーロジェネリックが発売されており、製薬会社によって商品名に違いがありますが、成分は同じデュタステリドです。

デュタステリドは本来は前立腺肥大症の治療薬「アボルブ」として研究と開発をされてきましたが、研究を進めるうちに増毛効果があることが分かり、その後、AGA治療薬として販売されることになりました。日本では高い発毛効果があるとして認められているのは、ミノキシジルとフィナステリドの2つだけでしたが、2015年に新たなAGA治療薬としてザガーロ(デュタステリド)も加えられることになったのです。
ザガーロもアボルブもデュタステリド製剤で全く同じ有効成分であり、同じ製薬会社から発売された同じ薬剤ということになるのです。適応症が違うため、薬剤名は違えど、成分が同一なため、効果と効能は全く変わりはないのです。日本だけでなく、海外でもデュタステリド製剤の治療薬を多くのメーカーが販売をしていますが、成分は同一なため、効果効能は一切変わりません。

デュタステリドの作用機序

デュタステリドは5α還元酵素阻害薬に分類されます。

この5α還元酵素(5αリダクターゼ)という酵素が、AGAになる原因と密接に関係しています。毛髪を太く育てるには男性ホルモンの1つである「テストステロン」が必要です。本来は良性の男性ホルモンであるテストステロンですが、5α還元酵素と結合してしまうことによって、悪性の男性ホルモンである「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変換されてしまうのです。ジヒドロテストステロン(DHT)はテストステロンとは逆に毛髪を細く、抜けやすくしてしまいます。

AGAの治療方法で基本的な治療は、5α還元酵素を阻害するフィナステリドかデュタステリドを服用することです。5α還元酵素を阻害することにより、ジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑制し、脱毛を抑えることが可能になります。

ただし、フィナステリド、デュタステリドは育毛を促進させるわけではありません。脱毛を抑える働きであり、ヘアサイクルを改善し、健康的な毛髪が再び生えてくる土台を作ってくれるのです。

デュタステリドの飲み方・服用方法と効果

デュタステリドは1日1回1カプセル(錠)を服用してください。

食事の影響は受けないため、自分の飲みやすい時間を決めてから服用してください。毎日同じ時間帯で服用すると薬剤の効果が上がります。飲み忘れてしまうと効果が現れないのでご注意下さい。また、AGA治療薬の一部はアルコールとの相性も悪いので飲酒をされている方は深酒しないようにしましょう。

ザガーロの場合、デュタステリドの含有量が0.1mgカプセルと0.5mgカプセルがあります。0.5mgカプセルはプロペシア(フィナステリド)1mgと比べて、約1.6倍の発毛効果が認められており、0.5mgカプセルを服用しましょう。0.1mgカプセルはプロペシア(フィナステリド)1mgと同等の発毛効果といわれており、副作用がやや少なめのプロペシア(フィナステリド)1mgの服用が人気があります。

発毛効果は早い人では継続服用後3~6か月後には実感でき、1年でほぼすべての方が実感できます。2年服用すると、産毛だった毛髪もいくらか太さが現れます。

 

フィナステリドとデュタステリドの違い

フィナステリドとデュタステリドは薬剤の半減期が違います。フィナステリドは成分が血液中に溶けて効果が半減するまでの時間が3時間から5時間程に対して、デュタステリドは3週間から5週間です。半減期が長いということは薬剤が作用している時間も長いです。またフィナステリドよりデュタステリドの方が、5α還元酵素を阻害する作用が強いため、最近ではデュタステリドの方が主流になっています。

デュタステリドの副作用

発毛効果が高いデュタステリドですが、やはり副作用もあります。他の薬剤より頻度は少なめですが、フィナステリドよりやや頻度は高くなります。デュタステリドの副作用はフィナステリドと同じで、勃起不全、射精障害、性欲減退、肝機能障害、乳房障害などが挙げられます。勃起障害などの副作用が現れた場合は、ED治療薬を服用することで改善はできます。それ以外の副作用が現れる可能性は低く、殆ど心配はないといわれています。副作用が現れた場合は、必ず専門のクリニックを受診して医師と相談するようにしましょう。
また、デュタステリドは本来前立腺肥大の治療を目的として開発されたものなので、女性や子供の服用は禁止されています。フィナステリドとの併用は禁止されていません。

デュタステリド製剤の入手方法

最近では様々な薬剤を通販やインターネット販売、個人輸入代行などで購入出来るようなサイトもありますが、そのような方法での購入は、健康被害が多数報告されているので、避けた方がいいでしょう。偽物が多く出回っていたり、不純物が混入しているものが多く、その数は半分以上というデータもあります。

治療を考えているなら、必ずAGA治療専門の医療機関をご利用下さい。

AGA治療ならギガクリニック大阪なんば院へ

ギガクリニック大阪なんば院では、AGA治療薬の処方をしており、患者さま一人一人のお悩みに親身にご相談いただけるよう心がけております。AGA治療薬のザガーロ処方、ザガーロジェネリック(デュタステリド)処方、プロペシア処方、プロペシアジェネリック(フィナステリド)処方、ミノキシジル(ミノキシジルタブレット、ミノキシジルローション)を処方しております。また、治療効果の高さとコスト面で優秀な当院オリジナル内服薬セット「AGA ギガセレクト」の処方もしております。
また、ギガクリニック大阪なんば院は国内最安値の価格で処方出来るよう目指しております。診察料は無料、費用はお薬代のみになります。
AGA治療はギガクリニック大阪なんば院にご相談ください。

アクセス◎

住所は大阪府大阪市中央区難波2-3-5 ティックランドビル3F 301号室となりますが、分からないようでしたらお電話等でもご案内させていただきます。
以下の近辺にお住まい方のは是非ギガクリニック大阪なんば院をご利用下さい。
中央区(安土町・淡路町・安堂寺町・和泉町・糸屋町・今橋・上汐・上本町西・上町・内淡路町・内久宝寺町・内平野町・内本町・大阪城・大手通・大手前・瓦町・瓦屋町・神崎町・北久宝寺町・北新町・北浜・北浜東・久太郎町・高津・高麗橋・粉川町・石町・材木町・島之内・島町・十二軒町・城見・心斎橋筋・千日前・船場中央・宗右衛門町・谷町・玉造・釣鐘町・天満橋京町・道頓堀・東平・常磐町・徳井町・道修町・中寺・難波・難波千日前・西心斎橋・日本橋・農人橋・博労町・馬場町・東高麗橋・東心斎橋・平野町・備後町・伏見町・船越町・法円坂・本町・本町橋・松屋町・松屋住吉・南久宝寺町・南新町・南船場・南本町・森ノ宮中央・鎗屋町・龍造寺町)、堺筋、阿倍野筋、御堂筋、心斎橋筋、みてじま筋、新なにわ筋、十三筋、飛田新地、松島新地、信太山新地、今里新地、滝井新地、北区、都島区、福島区、此花区、西区、港区、大正区、天王寺区、淀川区、東成区、生野区、旭区、城東区、鶴見区、阿倍野区、住之江区、住吉区、東住吉区、平野区、西成区。また兵庫、京都、奈良、和歌山、徳島、香川といった関西地方や四国地方の方も是非ギガクリニック大阪なんば院をご利用下さい。

大阪難波駅各路線

近畿日本鉄道 近鉄難波線(奈良線) 徒歩0分
阪神電気鉄道 阪神なんば線 徒歩0分
南海電気鉄道 南海線・高野線(難波駅) 徒歩5分
大阪メトロ 御堂筋線・四つ橋線・千日前線(なんば駅) 徒歩0分
大阪メトロ 千日前線・堺筋線(日本橋駅) 徒歩7分
JR西日本 関西本線(JR難波駅) 徒歩5分